2014年09月21日

「クロックタワー」の生みの親、河野一二三による新作ホラーが出るらしいぞ!

東京ゲームショウ2014(TGS2014)で、「クロックタワー」の生みの親
河野一二三氏がディレクターを務める新作ホラーゲーム
『PROJECT Scissors』
の発表があった。

その発表は、TGS2014内のインディーズゲーム開発者が中心となったイベント
「Indie Stream Festival」で行われた。

なんでも、スタッフ陣が[これぞホラー!]と
思わせる作品に携わってきた人物が抜擢されている。

冒頭にもあったように、ディレクターは河野一二三氏。

クリーチャーデザインには「サイレントヒル」の三角帽を被った敵、
レッドピラミッドシングを作った伊藤暢達氏。
※こちらがレッドピラミッドシングです
images.jpg

あぁ〜こいつか〜ってなったでしょう?

さらにスタッフとして、映画「呪怨」の監督を務めた
清水崇氏も参加するようです。

これを聞いたとき、素直に思いました。
なんて豪華なんだ・・・
どんな作品になるんだろう・・・
って。

インディーズゲームってこともあって、政策等々には
本当に苦労しているみたいです。
その分、出来上がった時の達成感は半端ないでしょうね!
それを糧に頑張ってほしいです。
ここに期待している人が1名いますから(笑)

個人的な予感ですが、
サブタイトル的な感じで
『クロックタワーの魂を受け継ぐ作品』
となるそうです。
てことは、ホラーでもグロイ寄りのホラーになるのかな?

まともにプレーできるかな・・・でも楽しみだ!!
皆さんも期待して待ちましょうね。



posted by kazu at 02:22 | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。